Menu

居抜き店舗について説明いたします

これからお店を始めようとする人や歯科医院などを開業しようと思う人は、できるだけ初期費用をかけずに開きたいと思うのではないでしょうか。すでに軌道にのっている段階では、テナントにお金をかけても問題ありませんが、軌道にのっていない段階ではテナントにお金をかけるのは自らの首を絞めるようなもので、危険極まりなりません。そこで、居ぬき店舗を利用するという方法があります。居ぬき店舗とは、前の借り主が造作や設備・備品などをそのままの状態にして退去した状態の物件をいいます。いぬき物件を利用すれば、新しい借り主は備品や設備・造作などにお金をかけずに店舗を開いたり、病院を開くことができることになるのです。つまり初期費用をおよそ3分の1程度に減らすことが可能になります。

居抜き店舗は貸し主もお得に利用できる

居抜き店舗は、借り主ばかりがお得なイメージがありますが、実はそのようなことありません。たしかに借り主にとっては、初期費用を大幅に減らすことができ、リスクを回避するという意味では居抜き店舗の存在は大きなものではないでしょうか。ですが、物件の貸し主つまり物件のオーナーにとっても大きなメリットがあります。もちろん、ただ物件として貸し出すだけではそこまでのメリットがありません。オーナーとして望んでいるのは、安定した家賃収入を得ることではないでしょうか。安定した家賃収入を実現するためには、空室をなくすことが重要になります。そこで、前の借り主に対して居抜き物件を認める代わりに、新しい借り主を探してくることを条件にします。こうすることで、空室期間を減らすことができ、家賃収入を継続して得ることが可能になるのです。

前の借主にとってもメリットは大きい

前の借り主が居抜き物件を利用する場合には、どのようなメリットがあるでしょうか。一番のメリットは、借り主が設置した備品や設備・造作などを取り外さなくていいことです。通常は、テナントを退去する場合それまでに取り付けた造作や備品などをすべて取り外さなければなりません。のいわゆるスケルトンの状態にするわけです。ですがこれでは数十万円のお金がかかってしまいます。テナントを退去する場合は、お店がもうかっておらず赤字の状態の可能性が高いです。赤字の状態のときに、テナントを元に戻すためにお金がかかってしまっては、泣きっ面にハチ状態ではないでしょうか。そこで、居ぬき物件を利用することによって、それらをそのままにしておくことができます。赤字の借り主にとってもメリットは大きいでしょう。

スポーツイベントを盛り上げるのに必須のアイテム。 当店で扱っているトロフィーなどの商品は、他店と比較して特別料金であり、お客様にお求めやすい価格となっております。 卒業や退職の記念に、みんなで頑張った想い出を形となるトロフィーをお届けいたします。 当社の対象エリアは、大阪市北区に店舗がありますが、通信販売も行っており、全国への発送が可能となっています。 オリジナルのピンバッジ作成なら「ichikawa-sk」